遊離残留塩素簡易測定 DPD試薬とは

 遊離残留塩素簡易測定 DPD試薬はN,N,-ジェチル-p-フェニレンジアミン 硫酸塩(DPD)を水溶性有機媒体に溶解した製品です。

遊離残留塩素簡易測定 DPD試薬の特徴

今までのDPD試薬の問題点

◆濡れた手では試薬の袋が開けにくくて苦労する
◆袋を開ける時に失敗して、試薬をこぼしてしまう
◆使った後の袋がゴミになって結構邪魔になる
◆1日に何度も使うので、もっと簡単に使えるものが欲しい

特徴

片手でラクラク!!
通常の粉末の試薬とは異なり水溶性ですので、計量しやすく使いやすいです。
1回0.05mlで約100回分!!
1回1滴という少量での計測が可能で、目薬サイズの容器で約100回使用できるので、大変お得です。
ゴミが少なく環境にやさしい!!
現在主流の個包装は1回ごとにゴミが出るため、環境にもよくありません。100回分使用できるので、地球にもやさしい商品です。

ご依頼・ご相談

ただいま商品発売を記念しまして、お問い合わせいただいた方にサンプルをプレゼントさせていただきます。ぜひこの機会に一度ご相談ください。

無題ドキュメント

アクセスマップ